2004年5月9日撮影
 この鮮やかな黄色い花は、ヤチブキ(谷地蕗)と言います。
 今回調べてはじめて知りましたが、エゾノリュウキンカ(蝦夷立金花)とも言うらしいです。
 春の雪解けとともに顔を出し、鮮やかな花を咲かせます。

 このヤチブキは山菜で食べられます。採れる量が限られていますが、採れた時は、おひたしにしてお客様へお出ししています。ちなみに、花は食べられません。