2007年8月29日撮影
開陽台の帰りに、とっても綺麗だったので撮ってみました。
空の青、雲の白、草原と山の緑がきれいでした。
この光景は、今の時期、と7月くらいに見ることができる風物詩です。

2枚目の写真の手前に写っているのは、通称:ロールと呼んでいるもので、牧草を刈った後丸めたものです。
そして、3枚目の写真の黒いものは、先ほどの丸めた牧草にビニールをかけたものになります。このビニールをかけるのは、牧草を発酵させる意味があります。